<受付終了>ケント大学×ムラサキスポーツ バックカントリーデビューツアー

教授  南雲利仁 (湯沢BASE代表/プロスノーボーダー/湯沢町山岳救助隊所属)

開催日

2016年01月24日(日)7:45 ∼ 15:00 (開場 7:30)


申込締切:2016年01月20日

抽選日 :2016年01月20日

  • 授業内容はこちら
  • 2015年9月29日 17:45

    ケント大学とムラサキスポーツによるバックカントリーのデビューツアーです。

    バックカントリーというと遭難などの問題もあり、危険なイメージもありますが、それは一部のルールを守らない人が広めてしまった悪いイメージです。


    今回のこのツアーは湯沢町で救助隊としても活躍しているプロライダー南雲利仁さんを教授に向かえ、完璧な装備で安全にバックカントリーを楽しむための授業です!


    完璧の装備とは「バックパック、スノーシュー、ビーコン、ポール(ストック)、プローブ(ゾンデ棒)、ショベル」です。

    上記を持っていない人でもレンタルがあるので安心してください。



    それではツアーの流れは以下の通り。

    バックカントリーの心得を学んで上で、スノーシューで山を登ります。


    どんどん山を登ります。


    天気がよければこんな絶景にも出会える!


    ポイントに到着したらライディングスタート!


    こんなパウダーを楽しめるかも!


    未圧接の山を攻めましょう!


    さらにこのツアーの醍醐味はランチ!

    雪山で最高のお昼ご飯を食べよましょう♪


    楽しんでいますね♪



    コース外を滑るバックカントリーはしっかりとした知識と装備が必要です。

    貴重な体験になること間違いなしなのでぜひエントリーしてください!


    ※この授業はスノーボード初心者はご参加いただけません。


  • 授業レポート
  • 2016年1月25日 17:52

    今年最大の寒波が日本列島を襲った1月24日に行ったこの授業「バックカントリーデビューツアー」!


    バックカントリーとはスキー場のように整備されていない雪山を滑ります。



    もちろん整備されているコースではないで、当然リフトはありません。



    ポイントに到着!

    ここで参加者の皆様の日頃の行いのよさが功を奏し、快晴!

    今年一番の寒波なのに快晴!

    これはすごい!



    見晴らしは最高です。




    みなさんの至福の1本です。

    スプレー!かっこいい!




    エントリーからの・・・

    スプレー!



    でっかいスプレーをかました後は・・・

    イェーイ!


    続々とエントリー♪

    おっと奥で一人クラックしてますね。こうなると大変なのです(笑)


    楽しそう!



    お昼ご飯はおそとご飯!

    教授による自家製サンドイッチが旨い!


    白樺。標高の高さを感じます。


    このツアーの開催するきっかけを作ってくれたムラサキスポーツ南万代店の卯木店長と村山さん。本当に感謝しています!



    このツアーはただ滑るだけではなく、バックカントリーの怖さを知るべく雪崩に巻き込まれたときの対応を学びました。

    みんなが持っているのはゾンデ棒という埋まった人を探す道具です。



    続いてビーコン。

    これを持っていないと安全にバックカントリーと楽しむことはできません。


    そんなビーコンの使い方を学んでいる様子。

    よくわからないと思いますが、埋まっているビーコンを探しています。



    晴天から猛吹雪までを心置きなく体験した一日になりました。


    その後、高速道路が封鎖され新潟市に帰るまでに6時間もかかってしまいました(笑)


今回の教室 [集合]かぐらスキー場みつまたステーション(みつまた駐車場内リフト券売り場前)
住所 南魚沼郡湯沢町三俣742

地図を見る

定員 12名
授業料 10,500円
教授 南雲利仁 (湯沢BASE代表/プロスノーボーダー/湯沢町山岳救助隊所属)
受講特典 参加者全員にかぐらスキー場招待券をプレゼント
授業詳細 1/22更新
ツアーご参加の皆様へ[ご確認ください]
・当日は天候が荒れる可能性もありますので、寒さ対策(防寒着)はしっかりとご用意ください。
・cotton100%の衣類はNG。化繊(保温性・速乾性の高いもの)のインナーを着用してください。
・天候次第では、臨機応変にスケジュール内容が変わる可能性があります。

実施詳細
開催場所:みつまた・神楽スキー場
集合場所:みつまた駐車場内 リフト券売り場前
集合時間:7時45分
解散時間:15時
解散場所:ジャッキーズカフェ
*集合はみつまた駐車場中央にある黒い建物前になります。また解散時に、コーヒーサービスあり。
*リフト券は別途料金が必要となります。3,600円(予定)。
ツアー内容:湯沢baseでは、バックカントリー入門編として、初めて自然の山を滑る方・
      道具の正しい使い方・パウダー自然地形の滑り方等を学びたいと言う方々に安全な
      バックカントリーを楽しんで貰えるようにレクチャーします
スケジュール:ウォーミングアップ→道具の使い方→ハイクアップ→山頂ランチ→ライディング→
      下山→解散→コーヒーサービス

参加条件:ゲレンデをスピードコントロールしながら、ゆっくりでも確実に滑走できる方
     ゲレンデでパウダー滑走の経験が少しでもある方

持ち物:滑走道具/ザック/ビーコン/登攀道具(スノーシューまたはシール)/プローブ/ショベル/
    伸縮性のポール/昼食(パン等)/行動食(凍らないものやカロリーが高いものが良い)/
飲み物(水筒に温かい飲み物があるといい)/防寒着(ダウンやフリースなど)/サングラス/
予備のグローブ/予備のゴーグル/ファーストレイヤーの予備(化繊物)
*これらの持ち物は、すべて必須となります。
*cottonの入っている物は凍りますので、化繊物を着てきて下さい

レンタル:ビーコン・バックパック・ゾンデ・スノーシュー・ポール
全セット2,000円/各種500円/ビーコンのみ1,000円

キャンセルポリシー:7日前~3日前まで50% 2日前~当日100%
*ガイド手配・保険手続きを行う為、心苦しいですが、キャンセル料を頂いております。







ゲレンデから飛び出そう!圧雪されていない自然そのままの地形を滑るバックカントリー体験!
バックカントリーに興味を持った方に向けた入門編の授業です。
レッスン内容は正しいフリーライディングから始まり、ギアの使い方、危険回避方法、プチバックカントリー
と言う流れで行います。
バリエーションに富んだ面白い地形のコースやツリーランが楽しめるポイントが無数にあります。
参加資格はゲレンデをカービングターンが出来る方であれば誰でも参加可能。

■授業の流れ
07:45 受付開始
08:00 教授挨拶〜基本的な説明
09:00 移動~道具の使い方~ウォーミングアップ
10:30 ハイクアップ開始
12:00 登頂&軽食ランチタイム
13:00 自然地形ライディング
14:30 下山開始
15:30 終了(現地解散)
※天候により、スケジュール変動あり

■必要な装備(※お持ちでない場合はレンタルをご利用ください)
・パックパック
・スノーシュー
・ビーコン
・ポール(ストック)
・プローブ(ゾンデ棒)
・ショベル
※上記レンタルの場合は別途2,000円となります。
※道具のある方は、現地で確認を行い、使用不可の場合はレンタルを借りて頂きます。
※一部をお持ちの方はレンタル代を割り引きますので、ご持参ください。

■ご持参いただくもの
・着替え(化繊繊維のロンTシャツなど)
・防寒着(ダウンやフリースなど)
・行動食(凍らないものやカロリーが高いものが良い)
・飲み物(ポットに温かい飲み物があるといいです)
・サングラス
・帽子
・予備のゴーグル
・速乾性のあるTシャツ
・フリースまたはライトダウン
・防寒具
※ライディングポイントまで移動する間はスノーシューを使った雪山登山です。
 汗をかくと山頂で冷える場合がありますので、着替えは必ずお持ちください。
【注意】コットン100%の衣類は凍ってしまいます。

■服装
通常のスノーボードに行く時の服装でご参加ください。
靴はスノーボードブーツでお願いします。
体温調整がしやすい服装でご参加ください。

■備考
・現地集合
・別途傷害保険加入必須
・当日傷害保険のコピー持参
・承諾書へのサイン必要(印鑑不要)

この授業の最小開催人数10名です。
懇親会 無し
備考 ※参加は先着となります。
※受講確定後のキャンセルは授業1週間前より授業料同等のキャンセル料をいただきます。

南雲利仁 (湯沢BASE代表/プロスノーボーダー/湯沢町山岳救助隊所属)

日本スノーボード協会(JSBA)公認プロスノーボーダー 日本スノーボード協会(JSBA)B級技術審判員 スポンサーはSALOMON、686 ENTERPRISES、DICE、EB'Sなど。 湯沢町の山岳救助隊としても活動し、湯沢の山を知り尽くしている。

    \ シェアしよう /

授業の詳細等は、お気軽にお問い合わせ下さい。